キャッチャーのスローイング動作の基本を3ステップで解説


 

著者:伊藤 出パーソナルトレーナー / IDEALSTYLE代表

パーソナルトレーナー歴11年|元三笠宮寛仁親王殿下のパーソナルトレーナーであった魚住廣信名誉教授に師事|指導経歴:宝塚歌劇団員・三菱重工神戸野球部員・ボクシングミニマム級5位など|アスリートフードマイスター&元板前。

TwitterYouTube無料体験のお申込        
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャッチャーであれば、2塁へピュッと素早くスローイングができるとカッコいいし、プロを目指す選手はその質の高さが求められますよね。

キャッチャーがスローイングするときは、下半身の使い方やステップ、持ち替えなどが重要になります。

この記事では、

  • キャッチャーのスローイングを3ステップで解説
  • キャッチャーのスローイング練習で取り入れてほしいこと

などを解説します。

 

キャッチャーのスローイング動作の基本①:下半身の使い方やステップ

まず一番最初は構え方からお伝えしますが、今回の内容は、肩があまり強くないと感じている選手も盗塁をさせるようになるぐらいの変化が実感できると思います。

肩が弱くても、身体の使い方を変えれば2塁で十分刺せるようになるので、肩に自信がない方こそ参考にしていただきたいですね。

キャッチャーの構え方

プロ野球選手を見ていると、それぞれいろんな構え方をしていますが、

構え方には決まりはなく、基本的には自分が構えやすいように構える

ということがベースになります。

ですので、構え方は憧れのプロ野球選手を参考にするなどして、まずは自分に合った構え方をみつけていきます。

捕球と同時に左足を着地

構え方が決まると、次はセカンドへ送球するときの体の使い方。

ポイントになるのが「左足の使い方」です。捕球をする前に左足のつま先を少し浮かせ、捕球と同時につま先を着地させます。

前に踏み出し勢いをつける

このつま先を着地させると同時に、体重を前に移動させて勢いをつけます。

この勢いをつけることで、肩の弱い選手でも2塁へピュッと低い軌道でボールを投げやすくなります。

ここで気をつけたいことは、よく左脚の前に右脚を出してステップすると言われますが、これは動作が遅くなるのでNGです。

実際に、上記でお伝えした2つのステップを比べてみてもらうとよくわかると思います。

内野手にも同じことが言えて、ほとんどのケースで「右脚を投げたい方向に踏み出して投げる」と言われますが、サイドステップで問題ありません。

キャッチャーがこういうステップをしてタイムロスをしてしまうと、それこそ刺せるランナーも刺せなくなってしまうので、個人的にはおすすめできません。

 

キャッチャーのスローイングの基本②:素早くボールを持ち替える

前に体重移動をして適切なステップが踏めると、次は素早くボールを持ち替えていきます。

グローブを耳元に運ぶ

キャッチャーがボールを捕球した後、捕球した位置でボールを握り変えてしまうと遅くなってしまうので、捕球したグローブを素早く耳元まで運んできます。

その途中でボールを握り替え、ボールを耳元に持っていきます。

 

キャッチャーのスローイングの基本③:スローイング

ここまでの流れができると、後はスローイングに移るだけです。

小さく一本背負いをするように投げる

ボールを耳元に持っていけば、後はそのまま小さく一本背負いをするようなイメージでボールを投げていきます。

一連の流れとしては、このようになります。

投手の場合、腕の回転は大きくなり、このようなイメージになります。

こういったイメージで投球してしまうと、腕が描く軌道が大きくなりますよね。これだとタイムロスが大きくなるので、キャッチャーの場合、この腕の軌道を小さくするイメージを持つことが重要です。

ですので、耳元にボールを持っていけば、そのまま前の空間を小さく切るようなイメージで一本背負いを行っていきます。

そうすると、必要最小限の腕の軌道となり、より素早く2塁へ送球することができるようになります。

手首の使い方は意識しない

また、キャッチャーの方からたまに「手首はどう使えばいいですか?」という質問を受けますが、基本的には何も意識しなくて大丈夫です。

自然なスローイング動作ができていれば手首は勝手に動きますし、部分的に使おうとしてしまうと、スムーズさなくなってがかえってマイナスです。

ですので、手首の使い方には意識を向けず、とにかく前の空間を切るようなイメージだけでOKですね。

基本的にはここまでお伝えした、

  1. 捕球と同時に左足のつま先を着地して前に踏み出す
  2. 素早くボールを持ち替える
  3. 一本背負いをするようにスローイングを行う

この3つのステップができれば、肩の弱い選手でも素早く2塁へ送球できるようになるので、ぜひ参考に実践してみてください。

 

キャッチャーのスローイング練習で取り入れてほしいこと

キャッチャーの練習方法はいろいろありますが、以下の4つの方法はぜひ練習で実践してほしいなと思います。

①座ったままスローカーブを投げる

まずキャッチボールなどで行ってほしいのが、30mぐらいの距離をとって座った状態でスローカーブを投げるということです。

ここでの目的は、

リラックスしたスローイング動作を身体にインプットさせる

ことです。

ですので、スローカーブを投げるというイメージよりも、カーブを投げるような握りでボールを抜くように投げていきます。

また、慣れてくれば耳元でボールを構え、そこから一本背負いをするようなイメージでスローカーブを投げます。そして、肩が慣れてくればまっすぐの握りに変え、通常のスローイングに直します。

流れとしては、

  • 座ったまま、15mぐらいの距離でスローカーブを投げる
  • 徐々に距離を伸ばしつつスローカーブを投げる
  • 耳元でボールを構え、一本背負いをするようにスローカーブを投げる
  • 握り方を変えて、通常のスローイングに直す

こういったイメージですね。ある意味、キャッチャー専用の専門的ウォーミングアップみたいになるので、これは守備練習などの前に入れるとより送球がしやすくなります。

②いろんな体勢からスローイングする

上記のような流れで肩が作れると、次はいろんな体勢からスローイングをする練習を行います。

もちろん左右だけではなく、

  • 低めや高めのボール
  • ショートバウンドや極端にバウンドしたボール

など、いろんなバリエーションで捕球してからスローイングを行います。

この練習のときに経験した動作は、試合のときに起こったとしても咄嗟に対応できるようになるため、できるだけいろんな体勢からスローイングを繰り返すようにします。

③いろんな握りでスローイングをする

また、もう1つ大事なこととして、

いろんな握りでスローイング練習をしておく

ということがあげられます。

キャッチャーのスローイングほど、いろんな握りや縫い目のかかりで投げなければいけない状況もないと思います。

イメージとしては、このようにいろんなパターンの握りでスローイングを行っておきます。

そうすると、いざ試合で握りが微妙であっても対応できるようになるため、こういう握りをあえて崩したスローイング練習も重要ですね。

④握り替えの練習

あともう1つは、握り替えの局面だけを切り取った練習ですね。

全体の流れの中で行えることも重要ですが、グローブから手にボールを握り変える速度は、繰り返し練習すれば速くなります。

ここのちょっとした時間短縮で、アウトにできる確率も高まるため、こういう握り替えのみの練習もぜひ行ってほしいなと思います。

今回は、キャッチャーのスローイングの基本や練習方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • キャッチャーの構え方は、基本的に自由
  • 捕球すると同時に、左足のつま先を着地させる
  • 一歩前に踏み出し勢いをつける
  • 捕球したらグローブを耳元に運び、素早くボールを持ち替える
  • そこから一本背負いをするようにスローイングに移る
  • 練習では握り替え、いろんな握り・体勢でスローイングを行う

今回の内容が、スローイングに悩んでいたキャッチャーのお役に立てると嬉しく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

もし肩肘が痛い選手は、以下の記事も合わせて参考にしてみてください。

また、足首が硬いキャッチャーは改善が必須なので、こちらもどうぞ。

▼パーソナルトレーニング
の無料体験やレッスンお申込はこちら


 
IDEALSTYLEでは、お身体の悩みを改善するためのヒントをお伝えするために、パーソナルトレーニングの無料体験を行っています。

「何をしても変わらない」「どうすれば変わるんだろう...」そんな悩みを改善する“きっかけ”をご提供できればと思っています。

無料体験をご希望の方や身体の悩みを改善したい方は、お気軽にご相談ください。

無料体験はこちら≫

IDEALSTYLEについて≫

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*