スムーズな投球動作に変わるピッチャーのグローブの使い方


 

著者:伊藤 出パーソナルトレーナー / IDEALSTYLE代表

パーソナルトレーナー歴11年|元三笠宮寛仁親王殿下のパーソナルトレーナーであった魚住廣信名誉教授に師事|指導経歴:宝塚歌劇団員・三菱重工神戸野球部員・ボクシングミニマム級5位など|アスリートフードマイスター&元板前。

TwitterYouTube無料体験のお申込        
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ピッチャーのグローブの使い方を変えることで、投球側の腕がリラックスし、よりスムーズに投球動作をすることができます。

どうしても動きが硬くなってしまったり、腕がスムーズに上がらない選手は、これだけでパフォーマンスが変わる可能性もあります。

この記事では、

  • ピッチャーのグローブの使い方
  • グローブの使い方と身体の関係

などを解説します。

 

ピッチャーの基本的なグローブの使い方

基本的な投球動作は「ピッチャーの基本的な投げ方を3ステップで解説」で解説しているので、まずはこちらをご覧ください。

この中で体重移動のときに腕の使い方も触れていますが、ピッチャーは特にグローブをどのように使うかそこまで意識しなくて問題ありません。

ただ、別のポイントもあるので、そこから解説します。

投球腕と逆の腰を少し引く

ピッチャーがボールを投げるとき、腕は前側に動きますよね。

下半身で蓄えられたエネルギーを、最終的に指先からボールへと伝え、ボールがリリースされます。

このとき人間の身体では作用-反作用が働くため、投球腕と逆側の腰を少し引くことで腕は加速されるんですね。

感覚的には、

投球腕と逆側の横腹(腹斜筋)にクッと力を入れるような感じ

で投げると、腕が早く動きボールが加速されます。

腕は基本的に自由で問題ない

ボールをリリースするとき、

  • グローブ側の腕は抱える
  • グローブ側の肘を引く

などと言われますが、基本的にやりやすい形で問題ありません。

一番重要なことはグローブ側の使い方よりも、上記でお伝えした腰を少し引くような感覚で動けた方がパフォーマンス的にプラスになります。

これがベースになりますが、体重移動のときにグローブの使い方を変えると、投球動作がスムーズになる可能性もあります。

 

投球動作がスムーズになるグローブの使い方

まず最初に、いつも通りの投球フォームでボールを投げます。

グローブの使い方を意識しない投球動作

僕の場合は、以下のような動作になります。

全体の動きはある程度スムーズなので、もし普段からスムーズに動けている方はそのままでも問題ないと思います。

続いては、以下のように投球動作を行ってみてください。

グローブ側の腕を先に伸ばす

軸足に体重を乗せて体重移動をしていくとき、先にグローブをキャッチャー方向に出して腕を伸ばします。

その後に投球動作を行ってみてください。

そうすると、投球腕の肘が曲がりやすく、リラックスして投球動作を行えることがわかると思います。

身体の自然な反応を利用する

人間の身体は、伸ばした腕の逆側の腕は曲がりやすくなるんですね。

右投げの場合、

  • グローブ側の左腕を伸ばす
  • 投球腕である右腕が曲がりやすくなる

という反応が起こり、投球動作がスムーズになります。

全体の動きがスムーズになることで球速が上がったり、コントロールが良くなるケースもあります。

ですので、トレーナーとしてピッチャーの方にグローブの使い方をアドバイスできるとすれば、こういった反応を利用して投球動作を行うということですね。

リリース直後は軽く顎を引くこと

グローブの使い方と関係ありませんが、リリース直後の顎や目線の向きも気をつけた方がいいかもしれません。

選手たちを見ているとよくやりがちなのは、

投球後にキャッチャーを見てしまう

ということです。

投球後にキャッチャーを見続けると、肩肘を痛める可能性があるんですね。というのは、キャッチャー方向を見続けると、その方向に腕が伸びやすくなります。

そうすると、フォロースルーが適切にとれず、肩の後方の筋肉が伸ばされてしまいます。

こういった動作が繰り返されると、炎症が起こり痛みにつながります。

投球後は軽く顎を引き、上目遣いで正面を見るようにします。

軽く顎を引くことで、その方向に腕が動くため、腕が身体に巻きつくようにフォロースルーがとれます。

そうすると肩肘に過度なストレスがかからず、痛めることもありません。

ここは自然な身体の反応として起こることなので、ぜひ覚えておいてほしいなと思います。

今回は、グローブの使い方で投球動作がスムーズになるということをお伝えしました。

今回の記事のまとめ

  • グローブ側の腕を伸ばすと、逆の腕が曲がりやすくなる
  • グローブを出すように意識すると、逆の腕がリラックスする
  • その結果、投球動作がスムーズになる
  • フィーリングが良ければ、今のフォームに活かす

今回の内容が少しでも参考になれば嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

肩肘を痛めない投げ方も解説しているので、こちらの記事も参考にどうぞ。

▼パーソナルトレーニング
の無料体験やレッスンお申込はこちら


 
IDEALSTYLEでは、お身体の悩みを改善するためのヒントをお伝えするために、パーソナルトレーニングの無料体験を行っています。

「何をしても変わらない」「どうすれば変わるんだろう...」そんな悩みを改善する“きっかけ”をご提供できればと思っています。

無料体験をご希望の方や身体の悩みを改善したい方は、お気軽にご相談ください。

無料体験はこちら≫

IDEALSTYLEについて≫

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*