ヒールを履いた時の「立ち方」や「歩き方」を解説


 

著者:伊藤 出パーソナルトレーナー / IDEALSTYLE代表

パーソナルトレーナー歴11年|元三笠宮寛仁親王殿下のパーソナルトレーナーであった魚住廣信名誉教授に師事|指導経歴:宝塚歌劇団員・三菱重工神戸野球部員・ボクシングミニマム級5位など|アスリートフードマイスター&元板前。

TwitterYouTube無料体験のお申込        
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヒールを履いた時の「立ち方」や「歩き方」を改善することで、ヒップアップしたり見た目もカッコイイ歩き方に変えることができます。

よく重心は“つま先”と言われますが、ピンの真下付近に重心を置くことで、より自然に立ったり歩いたりすることができます。

この記事では、

  • ヒールを履いた時の重心位置や立ち方
  • ヒールを履いた時の歩き方

などを解説します。

 

ヒールを履いた時の重心位置や立ち方

ヒールを履いた時の重心位置や立ち方は、以下の通りです。

ヒールでの重心位置

ヒールを履いた時の重心位置は「つま先」と言われることもありますが、「ピンの真下(かかと)」が自然です。

この位置に体重を乗せることで、骨で立つような状態となり、非常に楽に立つことができます。

つま先重心=前ももが張る

逆につま先重心で立つと、全体のバランスが崩れ、ふくらはぎや前ももにストレスがかかって張ってしまいます。

こういった悩みがある方は、「ふくらはぎが硬い原因と柔らかくする4つの方法」や「【完全版】太ももの前側が太い&張り出す原因と細くする3つの方法」も参考にどうぞ。

ですので、ヒールを履いた時の重心位置は「ピンの真下(かかと)」に置くようにします。

全体の立ち方を改善したい方は、「正しい立ち方とは?立ち姿勢を習得する4つの方法」で改善方法をお伝えしているので、こちらを参考に実践してみてください。

この内容をヒールを履いて行えば、以下のような感覚で立てるはずです。

こういった感覚で立つことが、ヒールを履いた時の自然な立ち方ですね。

 

ヒールを履いた時の歩き方

続いてはヒールを履いた時の歩き方ですが、基本的な歩き方は「トレーナーが現場で指導する「正しい歩き方」の4つの習得方法」と同じです。

ですので、まずはこちらの歩き方を参考に改善してみてください。そして、この歩き方にプラスして行ってほしいことは、骨盤の動きです。

骨盤を左右に動かす

ヒールで歩くとき、骨盤を軽く左右へ動かすようなイメージで歩きます。これはモデルさんの動画を見てもらった方が参考になると思います。

最後の冨永愛さんは特に魅力的で引きつけられますし、骨盤を軽く左右に動かしているのもわかりますよね。

こういったイメージで骨盤を動かせば、よりスタイリッシュで、カッコよく歩くことができます。

このように、ヒールを履いた時の立ち方や歩き方を改善すれば体型も変わりますし、見た目の美しさも良くなるので、ぜひ参考に実践してみてくださいね。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

▼パーソナルトレーニング
の無料体験やレッスンお申込はこちら


 
IDEALSTYLEでは、お身体の悩みを改善するためのヒントをお伝えするために、パーソナルトレーニングの無料体験を行っています。

「何をしても変わらない」「どうすれば変わるんだろう...」そんな悩みを改善する“きっかけ”をご提供できればと思っています。

無料体験をご希望の方や身体の悩みを改善したい方は、お気軽にご相談ください。

無料体験はこちら≫

IDEALSTYLEについて≫

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*