【実例】おしりが痩せない5つの理由と対処方法


 

著者:伊藤 出パーソナルトレーナー / IDEALSTYLE代表

パーソナルトレーナー歴11年|元三笠宮寛仁親王殿下のパーソナルトレーナーであった魚住廣信名誉教授に師事|指導経歴:宝塚歌劇団員・三菱重工神戸野球部員・ボクシングミニマム級5位など|アスリートフードマイスター&元板前。

TwitterYouTube無料体験のお申込        
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

おしりが痩せない…と悩む方は、ただトレーニングをするだけではなく、まずお尻周りの筋肉を緩めると今までと違った変化を実感できるはずです。

大切なことは“根本原因を取り除くこと”であり、これができると、今抱えているお尻の悩みは解決できます。

この記事では、

  • おしりが痩せない5つの理由
  • 痩せないときの対処方法

などを解説します。

 

おしりが痩せない理由①:お腹や鼠径部がつまったまま

おしり痩せ=筋トレやストレッチのイメージがあるかもしれませんが、お腹や鼠径部で発生するリンパ液のつまりを改善することも重要なんですね。

特に、

  • 乳び槽=みぞおちの少し下の位置
  • 鼠径リンパ節=鼠径部

この2ヶ所がつまったままだとおしりは大きいままで、トレーニングをするだけではなかなか痩せません。

おしりから離れている部分ではありますが、こういったつまりが原因の場合は、つまりを改善すればおしりは変わるはずです。

詳しい改善方法は「【徹底解説】おしりが大きい原因と小さくする6つの方法」や「胃のあたりがぽっこり出る原因と筋トレ以外で引っ込める3つの方法」を参考に実践してみてください。

以下の動画も合わせてどうぞ。

 

おしりが痩せない理由②:骨盤や股関節を整えていない

これも現場でよくあることで、骨盤の位置が不自然であったり、股関節が捻じれているとおしりは大きくなります。

ここについても「【徹底解説】おしりが大きい原因と小さくする6つの方法」で詳しく解説していますが、こういう場合はまず自然体に直せばおしり痩せできます。

関節を整える重要性は、「【実証】太ももの外側が太い&張り出す原因と細く改善する3つの方法」や「お尻の凹み(ヒップディップス)ができる原因と改善方法」も参考にしていただくと理解が深まると思います。

また、動画でも解説しているので、こちらもどうぞ。

 

おしりが痩せない理由③:殿筋が硬いままで緩めていない

現場で「おしりが大きい」と悩んでいたクライアントさんに、日常の中でお尻を緩めることをしていただくと、1ヶ月でかなり小さくなったことがありました。

この方は、お尻の筋肉がパンパンに張っていることで大きくなっており、緩めることで小さくできたんですね。

このように、お尻の筋肉が硬いままで緩めていないとおしりが痩せないこともあります。

もしおしりが硬いと感じる方は「お尻の筋肉が硬い原因と柔らかくする4つの方法」や「簡単で効果的!デスクワーク中や合間にできる9つの脚やせ方法」を参考にどうぞ。

 

おしりが痩せない理由④:骨盤が開いたまま

産後の方の場合、骨盤が開いて内臓が下がったままになっておしりが痩せないことがあります。

関連としては、

  • 出産で骨盤が開く
  • 内臓の位置が下がり、周辺を圧迫する
  • むくみがひどくなり、代謝が下がる
  • おしり周りがむくみ、脂肪がついてしまう

こういったことが考えられます。

この場合、いくらおしりのトレーニングをしてもあまり変化が見られず、やるべきことは開いた骨盤を締めることです。

ここについては「骨盤が開くとは?原因と骨盤を締める5つの方法」や以下の動画で解説しているので、こちらを参考にしてみてください。

 

おしりが痩せない理由⑤:姿勢や歩き方を改善していない

上記でお伝えした①~③のことは、日頃何気なく行っている姿勢や歩き方のまずさによって行っている可能性があるんですね。

ですので、根本的な問題解決のために姿勢や歩き方の改善は必須です。もし、姿勢や動作改善を行っていない方は、改善すればまた違った変化を実感できるはずです。

改善方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

おしりが痩せないときに行ってほしいその他のこと

基本的には上記でお伝えした内容ができれば、「痩せない…」と悩むおしりは変わるはずです。

本来は個人によってやるべきことが変わるため、もし上記の内容で変化が見られない方は、以下のことも参考にしてみてください。

エクササイズペダルを活用する

トレーナーが解説!自転車で太もも・ふくらはぎを細くする4つの方法」の中で紹介していますが、エクササイズやエアロバイクをこぐのもおすすめです。

ペダルをこぐときは股関節などが動きますが、リラックスした状態で行うと、おしりの筋肉も刺激を受けて柔らかくなります。

むくみや筋肉の張りでおしりが大きい場合は、これだけでもおしり痩せできます。

適切なフォームでスクワットを行う

下半身が気になる方でスクワットをする方もいると思いますが、おしり痩せするためにはフォームが重要です。

スクワットで脚やせする方法|確実におさえておきたい「7つのポイント」」で詳しく解説しており、このフォームでスクワットができればおしりは変わるので、こちらも参考にどうぞ。

トレーニングでおしりを刺激する

また、スクワットなどが苦手な方は、寝ながらでもいいのでおしりのトレーニングを行えば痩せないおしりは変わるはずです。

やり方は「【簡単】寝ながらおしり痩せする12のストレッチ・筋トレ方法」や「40代からでも変わる!薄尻&小さいお尻をヒップアップする5つの方法」で紹介しており、ストレッチとあわせて行えば効果的ですね。

ダイエットで脂肪を落とす

根本的に脂肪量が多い方は、ダイエットを行えば痩せないおしりは変わります。

ダイエットについては、以下で詳しく解説しています。

また動画でも紹介しているのでよかったらどうぞ。

このようにさまざなことをお伝えしましたが、痩せないおしりは、

おしりが大きくなる根本原因を取り除けば痩せる

ので、上記を参考にご自身にあった方法を見つけてほしいなと思います。

どうしてもうまく改善できない方は、ご連絡もらえるとアドバイスもできるので、気軽にご相談くださいね。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験のお申し込みはこちら
お問い合わせはこちら

▼パーソナルトレーニング
の無料体験やレッスンお申込はこちら


 
IDEALSTYLEでは、お身体の悩みを改善するためのヒントをお伝えするために、パーソナルトレーニングの無料体験を行っています。

「何をしても変わらない」「どうすれば変わるんだろう...」そんな悩みを改善する“きっかけ”をご提供できればと思っています。

無料体験をご希望の方や身体の悩みを改善したい方は、お気軽にご相談ください。

無料体験はこちら≫

IDEALSTYLEについて≫

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*